脂性肌を改善するには「保湿」が重要なポイント

脂性肌を改善するには「保湿」が重要なポイント

午後になると顔がテカってくる、お化粧直ししたばかりなのになんだかベタつく、脂性肌によるトラブルは本当に厄介ですよね。

 

 

油分を取っても取ってもキリがない、そんな状態からお肌を正常に戻すにはどうすればよいのかご紹介します。脂性肌を改善するには「保湿」が重要なポイントです。保湿が十分にされていないと、肌が乾燥していると勘違いして、あぶらを過剰に分泌してしまうのです。化粧水や乳液はベタつくから使用しないのは大きな間違いです。これと同様に、あぶら取り紙にも注意が必要です。

 

 

気になるからと言ってあぶらを取りすぎると、また分泌が繰り返され悪循環になります。あまりにもテカりが気になるという場合は、ティッシュで優しくオフする程度にしましょう。根本的な解決策として「保湿」が重要だと書きましたが、洗顔時からもあぶらを抑えるコツがあります。まず洗顔をするときはふわふわの泡で優しく洗います。

 

 

汚れを落とそうとゴシゴシこするとかえって毛穴が広がってしまうので、こするというより撫でるように意識しましょう。洗い終わったらすぐに化粧水をつけます。この時コットンは使わず、手で温めてお肌に馴染ませながらつけるとより効果的です。高保湿のしっとりタイプよりも付け心地が軽いさっぱりタイプの化粧水がおすすめです。

 

 

なるべくたっぷりお肌に浸透させたら、次は乳液です。オイリー肌でも敬遠せず、しっかり使いましょう。ただ、べたべた塗らなくても薄く塗り広げるだけでも効果はありますので、ベタつきが気にならない程度に伸ばしましょう。あぶらを取りすぎず十分に潤いを与える事で、お肌は自然と健康的なサイクルに戻ってきます。

 

 

1日や2日で劇的な変化は得られませんが、日常的に続ける事でだんだんと理想のお肌に近づいていきます。人間のお肌には自己治癒力がありますので、手の込んだお手入れはあまりせず、肌本来の新陳代謝を高めてキレイなお肌へ近づけていきましょう。