肌荒れで悩み中!ニキビができる代表的な3つの原因

肌荒れで悩み中!ニキビができる代表的な3つの原因

どうしたらニキビができなくなるのかを知るためには、どうしたらニキビができるのかを知らなくてはいけません。ニキビができる原因を回避することで、ニキビができることを防げるのです。ではニキビができる代表的な原因を3つご紹介しましょう。

 

生活の乱れ

 

最初のニキビができる原因は生活の乱れです。生活リズムが乱れると途端にニキビはできます。なぜならニキビのできる流れを作ってしまうからです。
ニキビの根っこの方の原因が皮脂が毛穴を塞ぐからだということをご存じでしょうか。皮脂が毛穴を塞ぐ大きな理由の一つがターンオーバーの乱れで、このターンオーバーの乱れは生活習慣が乱れることによって簡単に起こります。ですからニキビができないためには生活習慣を乱さないことが大事なのです。当然徹夜などの生活習慣の乱れもニキビができる原因になるので、注意しましょう。

 

食生活の偏り

 

食生活が偏ることもニキビの原因になります。ニキビは食べるとニキビができやすい食べ物もあれば、できにくい食べ物もあります。これをしっかり見極めないことにはニキビができる原因となってしまうのです。
揚げ物など明らかに脂っぽいものはニキビが増える原因になります。お菓子など甘いものも同じくニキビができやすくなります。食生活が偏って、このようなものばかり食べてしまうとニキビができるので気をつけてくださいね。

 

ストレス

 

ニキビができる代表的な原因といえばストレスです。ストレスは一見あまりニキビには関係なさそうに思えるのですが、これが非常にニキビに影響します。実はストレスは免疫力を低下させたり、肌の再生能力を低下させることが分かっているのです。
ストレスが増えるとこれらのデメリットが体に起こり、ニキビを悪化させる原因となります。ストレスとうまく付き合っていくことが大事になってきますね。ストレスは思い悩むあまり眠れなくなって、生活習慣が乱れてしまうこともあります。このように悪循環になり、ニキビの原因となることもあるでしょう。