しわ対策には水分と油分の両方が必要

しわ対策には水分と油分の両方が必要

年齢が進むにつれて肌が乾燥しやすくなり、小じわができやすくなります。
しっかり乾燥を防いであげないと、小じわはくっきりと深いしわになってしまいますから、保湿ケアを徹底する必要があります。

 

保湿と聞くと、たっぷりと保湿成分が入った化粧水でケアすればいいと思われがちです。
とろみのある化粧水でも、やはり水分が多いですから、保湿成分の配合量が少なすぎます。
水分を留めておく力が弱いですから、乳液やクリームなどで潤いを閉じ込めるケアが重要です。

 

肌のコンディションは水分と油分のバランスが保たれていてこそ、しっとりと乾燥しない肌でいられます。
30代40代と年齢が進むにつれて皮脂の分泌も少なくなってきますから、しわ対策のためには油分を補うケアも重要です。

 

化粧品の油分が皮脂の代わりに膜を張ってくれて、水分の蒸発を防いでくれます。
肌表面をなめらかに保ってくれますから、肌のハリもアップして小じわを減らすのにも効果的です。

 

乾燥が気になる年代になってくれば、乳液よりも保湿クリームを使うようにしましょう。
なめらかなテクスチャーの乳液よりも、こってりとしたクリームの方が美容成分がたっぷりと入っています。
油分の配合量もクリームの方が圧倒的に多いですから、肌のバランスが整って健やかな状態を保てます。

 

水分と油分を補ってあげると、角質層がベストな状態を保てるようになります。
バリア機能もしっかりと働いてしわを防いでくれますし、ターンオーバーの正常化にも役立ちます。

 

角質細胞が傷つかずにきれいに並んだ状態になりますから、肌のきめも整って美肌でいられます。
水分と油分のバランスが整った肌は光をきれいに跳ね返してくれて、くすみを寄せ付けない透明感まで得られます。

 

不足しているものを補ってあげて、肌の機能をしっかり働かせることがしわ対策の基本です。
水分だけでなく油分もきちんと補ってあげて、乾燥しないしっとり肌を保つようにしましょう。
多機能タイプのクリームもたくさんありますから、肌に合ったものを取り入れるのがおすすめです。